スマホ・PC ブログ

アドセンスとアナリティクスを連携して収益アップに活用!

Googleアドセンスで記事毎のクリック率や収益などの情報がわかったら便利ですね!
収益性の高いページをリライトしてさらに強化し、収益強化などに活用することができます。

アドセンスの画面のみではこれらの便利な情報を見ることができません。
それを可能にする方法は、アドセンスとアナリティクスの連携です。
連携するとアナリティクスからこれらアドセンスの情報を見ることができます。

その方法を紹介します。
簡単なので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

アドセンスとアナリティクスの連携する手順

アドセンスとアナリティクスを連携する手順は次の通りです。

アナリティクス画面を使って進めていきます。

1.「アカウント」を選択
2.「プロパティ」を選択
3.「AdSenseのリンク設定」をクリック

では順を追って説明していきます。

「アカウント」を選択

前もってGoogleアナリティクスにログインしておきます。

アナリティクスの画面で左側の下方にある歯車⚙マークの「設定」をクリックします。

「アカウント」を選択します。

持っているアカウントが1つだけなら、そのアカウントが表示されます。

「プロパティ」を選択

中央の列の上部にある「プロパティ」を選択します。

持っているブログのタイトルが表示されます。

記事タイトルではなくてブログタイトルです。

対象のブログが1つならそのブログタイトルが表示されます。

「AdSenseのリンク設定」をクリック

中央の列の「Adsenseのリンク設定」をクリックします。

画面で見えなければ下にスクロールすると見えるようになります。

※たまにスクロールしても見当たらない場合があり、別のアナリティクスのプロパティになっていることが考えられます。
その場合の対処方法は、この記事の後半部分の”「Adsenseのリンク設定」が見当たらない場合”を確認して設定してください

 

「Adsenseのリンク設定」をクリックすると赤色の下地に白抜き文字で「+新しいADSENSEリンク」が表示されるのでクリックします。

 

アナリティクス プロパティとリンクする 「AdSense プロパティの選択」のところで「コンテンツ向けAdsense」を選択します。
その後「続行」 をクリックします。

 

「リンクの設定」にある「0個のビューが選択済み」の部分をクリックして開いたプルダウンリストの「すべてのウェブサイトのデータ」にチェックを入れます。

すると「0個のビューが選択済み」「1個のビューが選択済み」に変わります。

 

続いてその下にある「リンクを有効化」をクリックします。

 

すると、

AdSense リンクのデータが表示されるまでには、24 時間ほどかかる場合があります。

というメッセージが表示されます。

その下の「完了」をクリックします。

 

アドセンスのアカウントリストが示されます。

 

以上でアドセンスアナリティクスの連携作業は終了です。

 

「Adsenseのリンク設定」が見当たらない場合

「プロパティ」欄の下に「Adsenseのリンク設定」が見当たらない場合、利用中のアナリティクスのプロパティは、新しいAnalytics4Property(アナリティクス4プロパティ:GA4)と思われます。
2020年2月時点でGA4はAdSenseとの関連付けが出来ません。

AdSenseと関連付けする場合には、アナリティクスのプロパティをユニバーサルアナリティクスにする必要があります。

もしユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成していなければ、新たに作成が必要です。

以下の手順なります。

 

「設定」「プロパティ」「+プロパティの作成」をクリックします。

その中の「詳細オプションを表示」をクリックします。

「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」のスライドボタンをオンにします。

自分のサイトのURLを入力して設定していきます。

 

 

あなたの応援クリックが、更新の励みです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

アドセンスとアナリティクスの連携で得られる情報を見る

アドセンスとアナリティクスの連携で見える情報

アドセンスとアナリティクスを連携すると下図の各項目の情報を見ることができます。

具体的には

・日々のアドセンス収益の推移。

・日ごとのアドセンス収益

・ページごとの収益

・ページあたりの収益性

・指定した期間中のアドセンス各種指標

など

各種指標とは収益、クリック数、クリック率、表示1000回当たり収益など。

金額はドル表示です。

これらの多くはアドセンスとアナリティクスの連携で初めて見えるようになりました。

アナリティクスを使ってアドセンス情報を見る手順

アナリティクス画面の左側のメニューの中から

「行動」「サイトコンテンツ」「ランディングページ」と進みます。

すると右側に「Adsense」が見えるのでクリックします。

アドセンスとアナリティクスの連携前ではこの「Adsense」は見えません。

 

 

「Adsense」をクリックするとアドセンスの各指標を▼を押してプルダウンリストから選択できます。

 

各ページごとの各指標は一覧表で見ることができます。

 

各指標の日ごとの推移をグラフ表示させた場合、前半にの値が連続する場合があります。

これはアドセンスとアナリティクスの連携前の状態なので0になっています。

連携後の情報が表示されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

アドセンスとアナリティクスの連携によりアドセンス収益とアナリティクスの解析情報が結び付き、有益な分析ができるようになりました。

特にどのページが収益性が高いか、広告クリックが多くされているのかがわかります。
逆にこんな記事は自分でいいと思っていても全然だめだなあということも分かります。

これらの情報を生かして記事の書き方を改善したり、記事リライトの効果を分析したりすることに役立てることができます。

アドセンスとアナリティクスの連携は活用次第で収益改善に役立つ方法です。

もしまだでしたら是非連携することをおススメします。

スポンサーリンク

-スマホ・PC, ブログ

© 2021 日々1ミリだけ進む暮らし Powered by AFFINGER5