シンプルな過ごし方 話題

初めて楽天Edyにお金をチャージして電子マネーを使ってみた!

キャッシュレス化の普及に伴い、電子マネーが使えるお店が増えてきています。
電子マネーの一つ、楽天Edyについて、既存の楽天カード(Edy無し)に追加する方法を「楽天カードを楽天Edy付きカードへ切替えて電子マネー使いたい!」で説明しました。
今回は、実際に楽天Edyに初めてお金をチャージして使ってみるまでの実践記を紹介します。

スポンサーリンク

楽天Edyにお金をチャージするには

f:id:susumu1mm:20190415230827p:plain

Edy機能付き楽天カードにお金をチャージする方法は6つ

Edy機能付き楽天カードにお金をチャージする方法は6通りあります。

・現金をチャージ:
Edy付きカードをコンビニなどのEdy取扱店のレジに持って行き、現金を渡してチャージしてもらう。

・自動チャージ:
ファミマやローソンなどのEdyオートチャージ対象店舗が対象。 予め楽天e-NAVIでチャージ金額を設定しておき、Edy残高がオートチャージの基準金額以下にると自動的にチャージされる。

・いつでもチャージ:
予め楽天e-NAVIでチャージ額の設定をしておくと、その後は毎回設定することなくファミマの端末「Famiポート」からいつでもEdyに決まった(設定)金額をチャージ(受け取る)する。

・クレジットカードでチャージ
楽天e-NAVIでチャージ金額を設定し、ファミマの端末「Famiポート」からEdyにチャージ(受け取る)する。

・ポイントをチャージ

・楽天Edyアプリを使ってチャージ

あなたの応援クリックが、更新の励みです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Edyへチャージの実際

今回は、初めてのEdy機能付き楽天カードということで、「クレジットカードでチャージ」の方法で実施しました。

チャージ金額を毎回一定にしたい場合は、「いつでもチャージ」を選ぶといいでしょう。

ではEdy機能付き楽天カードにチャージする手順です。

スマホまたはパソコンでチャージ金額を申し込む

1.「楽天Edyトップ」から「チャージする」を選択します。

f:id:susumu1mm:20190415210028p:plain

2.「チャージ(入金)する」画面で「Edy付きの楽天カードの方」を選択します。

f:id:susumu1mm:20190415211733p:plain

3.「Edy機能付き楽天カードへのチャージ方法」で「クレジットカードでチャージする」を選択します。

f:id:susumu1mm:20190415212809p:plain

4.楽天e-NAVIの「楽天会員ログイン」でEdyチャージ申し込みへログインします。

f:id:susumu1mm:20190415212919p:plain

5.「Edyチャージお申し込み」の申込ステップでEdy番号を確認します。

f:id:susumu1mm:20190415213241p:plain

6.続いてEdyチャージ申し込み内容を入力します。

ここで金額を入力します。1,000円より25万円まで入力できます。

今回は初回なので、1,000円としました。

f:id:susumu1mm:20190415214810p:plain

7.続いて本人確認欄でクレジットカード裏面の3桁のセキュリティコードを入力し、「確認画面へ」をクリックします。

f:id:susumu1mm:20190415214901p:plain

8.「確認」画面で申し込み内容を確認して「申し込む」をクリックします。

f:id:susumu1mm:20190415215216p:plain

9.登録したメールアドレス宛に楽天より「Edyチャージお申し込みのお知らせ」メールが届きます。

内容は、Edyチャージの申し込みが完了したことの連絡です。

f:id:susumu1mm:20190415215757p:plain

f:id:susumu1mm:20190415215921p:plain

注意すべき点は、この時点では「チャージの申し込み」は完了していますが、Edyへのチャージはまだ終わっていないということです。

上記メール文の最後に記載の「ご注意事項」にしっかり目を通します。

チャージ申し込みした金額をファミマの「Famiポート」より受け取る手順が必要です。

その期限は、Edyへのチャージ申し込みより30日以内です。

ファミマでEdyを受け取る(チャージする)

早速Edy機能付き楽天カードを持って、ファミマに行きました。

10.ファミマ店内の緑色のボックス「Famiポート」の画面に手で触れます。

f:id:susumu1mm:20190415221350p:plain

11.画面の「楽天Edy」ボタンにタッチします。

f:id:susumu1mm:20190415221705p:plain

12.「Edyを受け取る」にタッチします。

f:id:susumu1mm:20190415221829p:plain

13.「Famiポート」画面の下にあるカード情報読み取り装置に楽天カードの裏面を向けて読み取りを開始します。

注意すべきは、スーパーのポイントカードのように一瞬だけかざすと読み取りがうまくいきません。

画面を見ながら読み取り終了までカードをかざし続けてください。

私は、1度目は離すのが早すぎたので、チャージに失敗しました。

そのことに気づかずに品物を持ってレジに行き、残高不足の表示が出てしまいました。

f:id:susumu1mm:20190415221950p:plain

14.Edyチャージの金額があらかじめ設定した1,000円と表示されますので、黄色の「選択」ボタンにタッチします。

f:id:susumu1mm:20190415222209p:plain

15.チャージ金額確認画面を確認して、右下の赤色の「OK」ボタンをタッチします。

f:id:susumu1mm:20190415222718p:plain

16.「現在の残高」金額が表示されます。

この例では、残高が0円から1,000円に変わりました。

f:id:susumu1mm:20190415222927p:plain

以上で、Edyチャージの申し込みから受け取りまでの手順を終了しました。

説明すると16ステップにもなり大変そうに思えますが、画面の指示通りに進めていくことで思ったより簡単に終わります。

早速ポテトチップスを1袋手に取り、買い物をしました。

1.商品を持ってレジに行き、「Edyで支払います」と伝える。

2.Edy機能付き楽天カードを読み取り装置にかざす。

で、支払い終了です。

現金の受け渡しがなく、短時間かつスマートに買い物ができます。

電子マネーはまだ使っていないという方は、手始めに楽天Edyから始めてみるのもよいのではと思います。

スポンサーリンク

-シンプルな過ごし方, 話題

© 2020 日々1ミリだけ進む暮らし Powered by AFFINGER5