発想・思考

自分の名言をみごと実行した世界的に有名なプレイヤーに学ぼう!

名言は私たちの人生に大きな影響をもたらします。

を捨てなければ、希望を持ち続けられる。
希望があれば、人は多くのものを得ることができる。」

これは誰の名言かわかりますか?
実は私の名言です。

というか、ある有名人の名言を逆に表現したものです。
そのある有名人の名言を紹介して内容を考えていきます。

スポンサーリンク

世界的有名人の名言

f:id:susumu1mm:20190617210624j:plain

冒頭の名言(?)

「夢を捨てなければ、希望を持ち続けられる。

希望があれば、人は多くのものを得ることができる。」

の逆の表現のオリジナル名言とは、

「夢を捨てるってことは希望を捨てるということ。

希望を失えば、人には何も残らない。」

タイガー・ウッズ

そう、あの超有名な名ゴルフプレイヤー、タイガー・ウッズの名言です。

タイガーの名言は表現的には否定的な言葉を用いています。

同じ意味合いですが、私が書き換えたような肯定的表現もなかなかいいのではと思いませんか?

自分の名言を実行したタイガー・ウッズ

タイガーのストーリーは多くの人が知っています。

あらためて概要を紹介します。

タイガーは学生時代からゴルファーとして活躍し、1996年にプロゴルファーとしてデビューして、順調な歩みを続けていました。

その間、マスターズにプロ2年目にして1997年に初めて優勝してから2005年に4回目の優勝をするなど偉業を成し遂げ続けていました。

因みにマスターズ優勝最高回数はゴールデン・ベアと呼ばれた帝王ジャック・ニクウスの6回、次いでアーノルド・パーマーの4回です。

その後、ご存じの通り腰や膝などを壊して何度も手術を繰り返しました。

世間を騒がせた多くの女性との不倫スキャンダルで、離婚をしています。

さらに、日本でもニュースでもうろうとした姿が報道されましたが、交通事故を起こして逮捕されています。

これらを見て、正直なところタイガーは終わったなと思いました。

多くの人も同じ感想を持ったと思います。

こんな状態だったので、ほとんどのスポンサー契約は解除になりました。

これまでになってもタイガーは、

「夢を捨てるってことは希望を捨てるということ。
希望を失えば、人には何も残らない。」

の気持を抱き続けて復活にかけていたのでしょうか?

一旦は彼自身も諦めかけたのかもしれませんが、本当のところは本人から聞いていないのでわかりません。

しかし諦めてしまわなかったことを結果が証明しています。

2019年4月14日、ジョージア州オーガスタナショナルGCでタイガーは14年ぶりに5回目のマスターズ優勝に輝いたのです。

この復活によりタイガーはトランプ米大統領からホワイトハウスに招かれ、大統領自由勲章(Presidential Medal of Freedom)のメダルを受け取りました。

そして他にもタイガーの復活を信じ、夢を捨てずに希望を抱き続けてきた組織(企業)があったのです。

その企業とは、あのナイキです。

ほとんどの企業がスポンサー契約を解除したタイガーのどん底の時代も、彼を支え、見守り続けてきたのです。

イメージを重要視する企業がここまでするとは、信じる方も凄いですね。

それに答えたタイガーも素晴らしいと思います。

あなたの応援クリックが、更新の励みです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク

名言は私たちにも当てはまる

f:id:susumu1mm:20190617212516j:plain

振り返ってタイガーの名言は私たちにも当てはまるのでしょうか?

彼はスーパースターだから私たちとは違うよ、と思ってしまうのは簡単です。

もちろん、ゴルフで大成功できるかと言えば、それは一握りの人に限られます。

それとは別に、私たちは自分に合った実現したい夢を持つことはできます。

その実現に向かって努力していくことは誰にでもできることです。

私自身、ささやかですが実現したい夢がありますし、現在その達成に向けて努力を続けています。

タイガーの場合、できない理由を並べ立てれば、山ほどあったでしょう。

私たちだって、時間がない、お金がない、環境が整っていない、もう年だなどいくらでも並べ立てられます。

逆に、実現するにはどうするかを第一に考えていけば、大抵のことはできるのではないでしょうか?

実現したい夢があれば、諦めなければきっと叶うと信じて前進していきたいですね。

そのために、気に入った名言や格言を自分流の表現に言い換えて、座右の銘としておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

-発想・思考

© 2020 日々1ミリだけ進む暮らし Powered by AFFINGER5